事業内容



当社は「カイロプラクティック」を通じ、人々の健康をサポートすることで社会貢献を果たしていくことを目的として活動している企業です。現在"気軽に立ち寄れる地域の健康相談センター"というコンセプトの基に、総合健康サービスプロバイダー「KCSセンター」を全国にフランチャイズ展開しています。


→ フランチャイズ(FC)事業

KCSセンター KCSセンター

全国80店舗 (2013年1月現在)


世界初カイロプラクティックセンターのフランチャイズ展開
カイロプラクター独立事業主に対する施術院の運営・支援および経営コンサルティング。

先進的な電子カルテシステムの導入
「KCSセンター」に来院された方の健康情報を電子カルテシステムに登録し、全国どこの加盟院においても適切な施術やアドバイスが行なえる仕組みを導入しています。
お客様のデータはサーバーセンターにて高度なセキュリティのもと管理されています。

姿勢分析システム「カイロプリント」の導入
バイオトニック社(カナダ)が開発した姿勢分析システム「カイロプリント」を導入しています。
同プログラムは日本において「KCSセンター」が独占使用契約を結んでいます。


→ 教育事業

株式会社ネット−ハンソ大学理学修士号プログラム
(産学共同プログラム)

ハンソ大学(韓国)との提携により、マードック大学の健康科学士(カイロプラクティック)などカイロプラクティックCSC学位(または同等)取得者を対象とした理学修士(カイロプラクティック)号取得プログラムを提供しています。2012年8月、第1期卒業生37名を輩出しました。

韓国ハンソ大学健康増進大学院カイロプラクティック学科


ネット−ハンソ理学修士号プログラムの入学要件はカイロプラクティックCSC学位(または同等)を所持していること他です。興味をお持ち頂いた方は、下記までご連絡ください。
hanseo-ms@netcorporation.jp


カイロプラクティック標準化コース(CSC)<2004-2012年>

マードック大学(オーストラリア)による健康科学士(カイロプラクティック)号プログラムを提供。同プログラムは、カイロプラクティック標準化コース(CSC)であると同時に学士号取得コースです。CSCとは、カイロプラクティックが法制化されていない国において国際基準に満たないカイロプラクティック教育を受け、施術を行っている臨床家のレベルをアップグレードする目的で提供されるプログラムです。2004年から2012年までプログラム提供を行ない、260名以上の卒業生を輩出しました。当社がフランチャイズ展開している「KCSセンター」で施術するカイロプラクターは同コースの卒業生です。

姿勢セラピスト専門学院
KCSセンター「姿勢調整」の専門家を養成。学生は一年間にわたり、解剖学、生理学などの基礎科学科目、姿勢評価学などの専門科目、及び経営管理学などの実務科目を学びます。さらに、KCSセンター(指定院)にてインターン実習も行います。これらの総合的かつ実践的な教育により、プログラム修了者は、KCSセンターを開業したり、カイロプラクター監督の下、「姿勢セラピスト」としてKCSセンターに勤務することができます。